ガダルカナル・タカが接触事故を
起こしたという報道が物議を醸しだしている。

 

場所は港区の路上ということで、
事故現場の場所も既に特定されているようだ。

 

また、この事故は果たしてタクシーと
ガダルカナル・タカのどちらに落ち度があったのだろうか?

 

Sponsored Link

ガダルカナル・タカの接触事故とは?

たけし軍団でならしたタレントのガダルカナル・タカが
接触事故を起こしたという報道はテレビニュースから。

 

12月18日の午後18時過ぎに、
東京都港区のとある路上で、タクシーと接触事故をおこした。

 

この事故による怪我人はいないそうで、
ガダルカナル・タカやタクシー運転手も無事なのは、不幸中の幸いか。

 

ガダルカナル・タカが接触事故を起こした場所

報道の情報から見ると、おそらく旧海岸通りの近辺で、
タクシーと接触事故を起こしたと考えられる。

 

しかし、これだけの見通しの良く広い道路で
接触事故というのも、なかなか無いと感じるわけだが・・・。

 

ガダルカナル・タカが接触事故の概要と反応

ガダルカナル・タカが運転をする乗用車は
左車線を走行していたのだが、反対側の道路にUターンをしたという。

 

そこにタクシーが突っ込んできて、接触事故と相成ったようだ。

 

この接触事故の概要には、
様々な意見が飛び交っているのが印象的。

 

左車線から、反対の道路にUターンをしようとした
ガダルカナル・タカの運転には、驚きの声があがっている。

 

が、彼の車両は左側の車線から
右側の車線をまたぐような形でないと、
Uターンが出来なかったくらいに大きい車であったという見方もある。

 

しかし、だとしても、例えUターンが禁止されていなかったにしろ、
普通の一般道でUターンを決め込む様な運転はしてほしくないというのが、
多くのドライバーの心境だろう。

 

が、ガダルカナル・タカの運転だけに批判があるわけではなく、
見通しの良い道路でガダルカナル・タカの乗用車に接触してしまった
タクシーにも疑問を投げかける意見もある。

 

タクシーはスピードが出ていたのではないか?とか、
Uターン禁止じゃない道路でUターンして何が悪い?など。

 

しかし、ガダルカナル・タカはタクシーとの接触事故を猛反省しており、
ドライバーを気づかう様子も見せているので、
ノンスタイル井上裕介の事故と違って、
すぐに忘れ去られる事故になると思われる。

 

おわりに

ガダルカナル・タカの接触事故に関する意見は数多いが、
それと同じくらいに目立つ意見がノンスタイルの井上裕介の事故との比較だ。

 

見通しの良い場所での運転マナーには
批判が上がっているのは否めないが、
事後対応が井上裕介と違って、まともであり、
かえって良く見えてしまうという意見。

 

 

当たり前のことではあるのだが、
ノンスタの井上の一件が余計に
際立たせている雰囲気があるのだ。

 

しかし、冒頭でも話したように、
怪我人もなく、あまり大事にはならない
事故だったのは、本当に不幸中の幸いである。

 

関連記事

↳ ノンスタイル 井上裕介が当て逃げした時の愛車は? 同乗者も判明!

↳ 井上裕介の事故報道! 心臓に悪影響を及ぼす当て逃げの原因とは?

 

Sponsored Link