藤井フミヤの自宅である豪邸は目黒区であることが判明。

 

そして、その豪邸を売却していたという。

 

理由は実に普通すぎるというか、
堅実というか、意外性に乏しいものだった。

 

Sponsored Link

藤井フミヤの自宅は松濤は誤報

藤井フミヤの自宅は渋谷の松濤にあると、
ネットユーザーの間では事実とされていたようだ。

 

が、実は藤井フミヤの自宅は
目黒区であり、数億円の豪邸に住んでいた。

 

元々、自宅が松濤であるという情報は、
テレビ番組からの情報であるそうだが、これは誤報の可能性がある。

 

藤井フミヤの自宅の豪邸

藤井フミヤが自宅を兼ねた事務所を
備え付けた豪邸は、1988年4月に建てられたものである。

 

3階建てと地下室があり、110坪の敷地があるそうで、
乗用車を4台停められる駐車場スペースがあるそうだ。

 

2003年には豪邸の近くに更に一戸建てを新築して、
そちらに引っ越しし、今に至るそうだ。

 

が、この豪邸は現在、売りに出されているそうだが、
その理由が藤井フミヤ本人が語っているという。

 

藤井フミヤが豪邸を売却した理由

週刊誌の情報によると、
藤井フミヤ本人が語った理由は何とも生活感あふれる
普通すぎるものだった。

 

築28年となる目黒区の豪邸は、
住み続けたい気持ちはあるが、
雨漏りが激しく修理し続けなければならない程、劣化しているようだ。

 

金銭的にも負担になるが、
他にも細々とした問題があるようだ。

 

最初は売却ではなく、事務所利用という条件で
家賃300万円で賃貸物件で不動産公開していたようだ。

 

が、全く借り手が付かずに、
今度は住居利用限定という条件で
土地建物セットで10億円で売りに出している。

 

大物アーティストには意外すぎる
普通の切実さと生活感が溢れる理由だ。

 

しかし、借りて欲しいにしても、条件付きであり、
買って欲しいにしても、それまた条件付きということで、
果たして買い手が現れるのかが、疑問だが・・・。

 

藤井フミヤが住んでいたということに価値を抱く、
お金持ちがいれば話は別なのだが、いささか微妙なところである。

 

藤井フミヤの売却した豪邸の場所

藤井フミヤの問題の売りに出されている
豪邸の場所だが目黒区三田近辺であると思われる。

 

目黒区は元々、山を切り崩し整地して、
住宅街となった土地であり、ここは高台が多いことで知られている。

 

藤井フミヤの豪邸は高台の上に
建てられた真っ白な外装が特徴と言われている。

 

だとすれば、三田近辺である可能性がやはり高い。

 

かつてはアイドル張りに人気があり、
ヒットアーティストとして、大ブレイクをした藤井フミヤ。

 

が、意外なことに、私生活は
派手そうに見えたそのイメージとは違い、
現実的な切実さが今回の豪邸売却報道に垣間見えた。

 

Sponsored Link