清水富美加の元交際相手のロックバンドのAが
誰なのかの特定がネットユーザーの中で広がっていた。

 

が、その特定された予想は誤りであったようで、
ロックバンド【KANA-BOON】の飯田祐馬であると暴露された。

 

この騒動に対して見ていこう。

 

Sponsored Link

清水富美加の元交際相手について

清水富美加改めて千眼美子が書いた
告白本【全部、言っちゃうね。】には、
過去に交際していた男性について触れられていた。

 

これは不倫であり過去の事とはいえ、
スキャンダラスなものとして、こぞって特定騒ぎが起きたのだ。

 

清水富美加の元交際相手に関してのヒントとなる点は以下の通り。

 

・若者たちに人気のロックバンドメンバーのA

・音楽フェスティバルでヘッドライナーを務めた過去があり

・最近では映画の主題歌もリリースしており、音楽メディアでは知られているロックバンド

・Aは既婚者だが、結婚していることを公にしていない。

 

清水富美加は、この元交際相手の
ロックバンドのAとは2014年にとある番組で共演。

 

元々、清水富美加は
ロックミュージックが好きであり、
Aと音楽の話で意気投合して付き合ったという。

 

2015年1月も清水富美加のツイッター(現在・削除済み)には

ギター買ったの。もうおまえしかいない、って感じなのです。

と、ツイート。

 

交際してから程なく、
Aから清水富美加に既婚者であると告げられた。

 

交際は2016年に破局したものの、
清水富美加は想いを断ち切れずに悩んでいた。

 

これが、告白本【全部、言っちゃうね。】でつづられた

悩みの種だった好きな人も忘れました

の元交際相手のことなのだ。

 

ロックバンドのAを特定した

多くのネットユーザーではあらゆる憶測を基に
特定されたという情報が乱れ飛んだ。

 

特に9mm paradellum Bulletの菅原卓郎と
特定するユーザーが多数いたようだが、
それは誤りであることが分かったのだ。

 

と、いうのも清水富美加の元交際相手である
ロックバンドのAが、自身の所属事務所に不倫関係に
あったことを謝罪しているからだ。

 

それはロックバンド【KANA-BOON】の飯田祐馬である。

 

飯田祐馬が清水富美加の元交際相手だった

飯田祐馬の簡単な略歴は以下の通り。

KANA―BOON(カナブーン) 高校の同級生だった谷口鮪(ボーカル)、古賀隼斗(ギター)、小泉貴裕(ドラムス)に飯田を加えた4人組。12年に音楽オーディションでグランプリを受賞。13年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。メジャーでシングル10枚、アルバム3枚を発売。オリコン最高位はアルバム「DOPPEL」(13年10月)の3位。

2月21日・スポニチアネックスは元交際相手についての身元を判明させた。

 

飯田祐馬が事務所に対して、
清水富美加と不倫関係にあったことを打ち明けたという。

 

そして、事務所側は、飯田祐馬の
心中をメディアに打ち明けている。

本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。

どんな処分でも受けると言ってます。

今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています。

また、最新情報によると、
正式に飯田祐馬も謝罪文をマスコミに公表。

一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました。

清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております。

清水さんと交際していたことについて、妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております。

心よりお詫び申し上げます。

清水富美加との交際期間は2015年6月から
2016年1月までの約7か月間、不倫関係であったということだ。

 

おわりに

清水富美加の元交際相手・ロックバンドのAは
誰なのかの答えは飯田祐馬であることが判明。

 

これに対して、非常に疑問を抱えた
ユーザーの多くは、スッキリとしたのではないのだろうか?

 

最もスキャンダラスに報道され騒がれたが、
実際には既に終わっていること。

 

多少の注目が集まり、非難があったにせよ、
ゲス不倫騒動の様に、今後の活動に支障は然程、ないと思われるが・・・。

 

Sponsored Link