清水富美加の動向に非常に注目されている昨今。

 

現在、【ぺふぺふ病】という
聞きなれない言葉が広がっている。

 

ツイッターの新しい意味深な
つぶやきとの関係はあるのだろうか?

 

Sponsored Link

清水富美加のぺふぺふ病とは?

ぺふぺふ病とは
清水富美加のエッセイから出た言葉である。

 

かつて清水富美加は
幻冬舎にてエッセイを連載していた。

 

【たぎりおにぎり~清水富美加のふわっふわっな日々~】がそれだ。

 

連載していたエッセイと、書き下ろし分を加えたものが、
2016年12月8日に発刊された【ふみかふみ】である。

 

当然、ぺふぺふ病などという病気は存在せずに、
あくまで清水富美加がエッセイ上で創り出した造語である。

 

ぺふぺふ病はどの様な状態を表すのか?

清水富美加が創ったぺふぺふ病というものの、
具体的な症状はエッセイによると以下の様なものになる。

 

気持ちに起伏がなく、悩みもないし、余裕がある。

 

ガムシャラでもなく、やる気も出ずに生きている感じもしない。

 

頑張っていないわけではないが、調子づいていることもない。

 

更に清水富美加はぺふぺふ病を、加えてこう表現している。

 

イライラもないし、
穏やかな気持ちでいられるから、仕事はスムーズに進む。

 

けど、面白くないし、
無難に終わってしまって、建設的とは遠い状態。

 

ぺふぺふ病の症状はこの様な状態のことを指しているという。

 

清水富美加のツイッターには新しいつぶやきが

清水富美加の新しいつぶやきは以下の様なものだ。

出家だけではなくて
誰か
ギリギリだと言った部分に隠された事
誰か
気付いてくれてますように
また
一つの事実がもう消されそう

引用:清水富美加(本名)のツイッターより

 

非常に意味深なつぶやきであり、
どこかオブラートに包まれた表現方法だ。

 

悪い言い方をすれば
曖昧なことだけしか言ってないと思われるが、
現在の清水富美加の心境は決して良いものではないことを表している。

 

もう一つの事実とは果たして何なのだろうか?

 

それこそが正に前述したぺふぺふ病に
かかった時の心境を表しているのかも知れない。

 

おわり

清水富美加のぺふぺふ病とは、
要するに虚無感に苛まれた状態というのが、
分かりやすいのではないだろうか?

 

自分自身の感情や
生活に全く生きた心地がしない状態であり、
機械的で目の前は灰色の世界という表現が出来る状況。

 

ツイッターの新しいつぶやき内容と合わせて、
某大手メディアが報じたぺふぺふ病との関係性は
深いと読んでも差し支えないだろう。

 

もう一つの事実を明らかに出来るのは、
清水富美加本人しかありえないとは思う。

 

そして、それが新しいツイッターの
開設の理由であったはずであるのだが。

 

Sponsored Link