2017年の【第93回東京箱根間往復大学駅伝競走】が
1月2日と3日の二日間によって行われる。

 

数多くの感動を与えてきた毎年恒例の駅伝は
通称、箱根駅伝と呼ばれて年始の名物となっているが、
駅伝ファンが注目すべき出場大学校と結果の予想をまとめてみよう。

 

Sponsored Link

第93回箱根駅伝2017結果予想

駅伝の強豪校として、やはり挙げられるのは【青山学院大学】。

 

2016年の大学三大駅伝を制覇しているので、
優勝候補筆頭であることは揺るぎない。

 

しかし、山梨学院大学も箱根駅伝では、
過去の実績を考えると決して馬鹿には出来ない出場校だろう。

 

2016年出雲駅伝では2位に輝き、
全国大学駅伝では第3位に輝いており、
今回の箱根駅伝でも優勝候補の一角を担っている。

 

そして忘れてはならない出場校として挙げられるのが、早稲田大学。

 

全日本大学駅伝では
優勝候補の青山学院大学をあと一歩のところまで
追い込んだ粘り強さは記憶に残っている方々も多い筈だ。

 

加えて、毎年の駅伝で上位に食い込んで争う
東洋大学や駒澤大学にも注目したいところだ。

 

箱根駅伝の2017年の1位予想として、
多くの人々は青山学院大学の名前を挙げるのは否めない。

 

が、波乱に満ちたレースとなる可能性も充分に考えられる。

 

なんせ10区間もの長い行程を使った駅伝なので、
何が起きるかは誰にも分からないし、結果は選手たちにも分からない事だ。

 

青山学院大学以外に、名前を挙げさせてもらった山梨学院大学や早稲田大学、
東洋大学や駒澤大学のポテンシャルは、充分に優勝を狙えるわけものであるからだ。

2017年・注目すべき出場校

当然、連覇している絶対王者といってもいい、青山学院大学。

 

最も優勝に近いといえる出場校であり、
年始の名物ともいえる箱根駅伝での活躍に際しては、
気合の入り方が違っている。

 

他には山梨学院大学を非常に押したいところだ。

 

と、いうのも、山梨学院大学は
毎年の駅伝では留学生の活躍が目立つが、
今年は山梨学院高校の高校駅伝で優勝を飾ったメンバーが加わっている。

 

このルーキーたちの力がいかんなく発揮されれば、
青山学院大学の力を阻止できるのではないだろうか?

 

またルーキーといえば、注目選手として
湊谷春紀が所属する東海大学の活躍が充分に期待出来る。

 

スーパールーキーとして名高い若き湊谷春紀の活躍は、
他選手の力を底上げする可能性があることも捨てきれない。

 

そして、駒澤大学は駅伝においての名伯楽といってもいい
大八木監督の箱根駅伝に対する並々ならぬ想いを
引っさげて、毎年、大活躍している。

 

2017年も要注目出場校の一つと言っても過言ではない。

 

おわりに

年始と冬の風物詩といってもいい、箱根駅伝の開催は間近に迫っている。

 

優勝候補として最もそれに近いものは
青山学院大学には揺るぎないのは当然といえる。

 

が、勝負の世界、絶対というものはあり得ないわけで、
それは箱根駅伝でも同じことであり、白熱した激戦になることは間違いない。

 

2017年の箱根駅伝で活躍する若い未来の社会を担う選手たちには、
結果も大事だが、その身体と精神を大事にしながら、
良きレースを見せつけて欲しいものだ。

 

関連記事

↳ 原晋は子供が嫌いなのか?  駅伝・青学を連覇に導いた原監督の意外な事実とは?

 

Sponsored Link