小林麻央の旦那である市川海老蔵が
千葉県の節分会に子供と一緒に参加した。

 

それに伴い市川海老蔵に注目が集まっているのだが、
記憶に新しいのは2016年12月に明らかになった
【市川海老蔵暴行事件】の真相である。

 

現在はあの事件のことも忘れ去られている様だが、
当時、一体、何があったのかの真相は
元関東連合の人間によって、暴露されているのだ。

 

Sponsored Link

市川海老蔵暴行事件とは?

2010年11月25日、場所は西麻布の
バルビゾン27の11Fの会員制カラオケバー【マーキス】で暴行を受けた。

 

命からがら自宅へ逃げ帰った
市川海老蔵の顔を見た小林麻央が救急と
警察に通報したことから、事件は発覚した。

 

市川海老蔵はこの暴行事件で
左頬陥没骨折や前歯を欠損するなどの
全治6ヶ月の重傷を負った。

 

当時、京都で行われる予定だった
歌舞伎の公演をキャンセルした市川海老蔵。

 

事件後に父親の市川團十郎が記者会見を開き

本人の自覚のなさに怒りを感じる

と、息子の市川海老蔵に対しての怒りを露わにして謝罪した。

 

当の市川海老蔵も後日に謝罪会見を開き、
暴行を受けた被害者であるが、
自身の不徳から起きたこととして謝罪した。

 

市川海老蔵事件の犯人は関東連合

市川海老蔵に全治6ヶ月の
重傷を負わせたとして逮捕された男。

 

当時、六本木界隈の一部を
牛耳っていたと言われている
暴走族集団【関東連合】のメンバーである。

 

名前は伊藤リオンというハーフ青年であり、
事件当時、関東連合のリーダーである石元太一と
供に市川海老蔵と酒の席にいた。

 

この酒の席で伊藤リオンは市川海老蔵に
暴行を仕掛けて、事件を起こしたのだ。

 

何故、伊藤リオンは市川海老蔵に
そこまでの暴行を働いたのかの真相は、
かつて関東連合のリーダー格で、
現在は作家の柴田大輔が暴露している。

 

市川海老蔵の事件の真相とは?

関東連合が芸能界と繋がりをもった切欠は
元関東連合のOBである川名毅であったという。

 

川名毅はセクシー女優の芸能プロダクションを運営しており、
所属する女性を使って、芸能関係者たちとの間に
パイプを作っていったそうだ。

 

そのパイプが切欠で後輩たちと
芸能界で活躍する人間との繋がりが出来たということだ。

 

元々、関東連合の面々というのは、その中でも厳格な縦社会がある。

 

その為に、礼儀をわきまえていたのだが、
事件当時、市川海老蔵は同席していた石元太一に、
事前に起きた(後述する)出来事の憂さを晴らす行為に及ぶ。

 

灰皿にテキーラをついで、石元太一にそれを飲めと強要し、
彼の頭髪を掴んで『飲め、飲め。』という理不尽極まりない行為に及んだ。

 

石元太一の後輩である伊藤リオンが、
そんな市川海老蔵の行為に我慢出来ずに
犯行に及んだというのが真相だ。

 

ここからは作家の柴田大輔による暴露ではないが、
市川海老蔵が何故、暴行を受けた切欠を自ら作ってしまったのかの
理由も明るみになっている。

 

事件が起きる前に同ビル内の
ダーツバー【フィオレット】にいた市川海老蔵は、
モデルの藤井リナを見つけて口説いたのだそうだ。

 

しかし、結婚したばかりの市川海老蔵の誘いに乗らずに、
藤井リナは店を後にしたという。

 

そこで市川海老蔵は一気に機嫌を損ねて、
奇声交じりの暴言を吐いて手が付けられない
状態になったのだそうだ。

 

【マーキス】に戻ってきた市川海老蔵は
石元太一に絡むようになり、灰皿テキーラ飲酒強要に繋がったという。

 

市川海老蔵暴行事件のその後

事件が起きた店が入っている【バルビゾン27】は
事件後は海老蔵ビルと呼ばれるほどに注目を浴びた。

 

が、事件が発覚したあとは、
芸能人御用達のビルということが世間に明るみになり、
各芸能関係者や芸能人は寄り付かなくなったという。

 

その結果、テナントの売り上げは激減し、
営業不振により店じまいをしたところもあるのだそうだ。

 

市川海老蔵暴行事件の後には、
関東連合は他の事件なども起こして、
リーダー格が逮捕されたり、海外逃亡をしたりした。

 

その結果、2014年時点では、
組織は既に壊滅状態であり、現在は関東連合を
名乗る人間はいないという。

 

また余談ではあるが、
犯人の伊藤リオンはその後、山口組の構成員になったものの、
破門処分を受けており、現在の消息は不明である。

 

市川海老蔵の事件の真相は、
具体的な関係人物の名前までも分かっている。

 

そして、元関東連合のリーダーで、
現在は作家となっている人物からも、その内容が暴露されている。

 

つまり今までネット上で
囁かれていた事件にまつわる真相の大部分が
信憑性に足る情報であるということだ。

 

暴行を受けた被害者は市川海老蔵であるが、
事件の原因を作ったのは紛れもなく当人である。

 

この真相を踏まえたうえで判断すると、
どちらが悪だったのかは言うまでもないだろう。

 

Sponsored Link