有名大学の学生による不祥事が相次いでいる。

 

今度は千葉大学医学部の学生3人が、
女性を集団で暴行し逮捕されたという報道があった。

 

この事件の詳細を見てみよう。

 

Sponsored Link

千葉大学医学部の学生3人の事件

報道の一報を最初に伝えたのは朝日新聞だ。

 

2016年9月末に千葉大学の医学部学生らは、
実習後に所謂【飲み会】を開いたそうだ。

 

そこには研修医の姿もあったそうだ。

 

問題の男子学生3人は
女性を千葉市中央区の飲食店で酒をたらふく飲ませて泥酔させた。

 

飲食店の店員の目を盗んで、
女性を客の見えないところへ、介抱するフリをして連れ出す。

 

店内の女子トイレで3人は
泥酔させた女性に、いかがわしい行為をした。

 

それだけでは飽き足らずに、
タクシーを呼んで泥酔している女性と同乗した加害者の医学部学生の3人。

 

加害者の3人のうちの1人の自宅に連れ込み、
そこでもさらに強引に行為に及んだそうだ。

 

千葉大学医学部の男子学生3人は
11月21日に集団強姦致傷の容疑で逮捕された。

 

また前述した通り、彼らを指導する立場の
研修医の存在が、飲み会にはあったそうだ。

 

この研修医が女性への暴行に関与していたという情報は無いものの、
事前におかしいと察知したならば対処出来たのではないか?

 

本来、勉強だけを教えるのではなく、
そうした行き過ぎた学生たちを抑止することも、
指導の一環だったと思うのだが?

 

千葉大学医学部の加害者の名前や顔画像は?

加害者である学生3人の男性は5年生であるという情報がある。

 

名前や顔画像などは、現在はまだ公開されてはいない。

 

千葉県警が加害者の医学部学生3人の名前や
事件の詳しい概要を発表しない理由が意味深だ。

・被害者と警察当局との関係を重視したこと

・捜査上の支障があること

被害者と警察当局の関係というところが非常に気になる。

 

かつて慶応ミスコンの事件の時は、
加害者の親たちと、警察関係者との間で
何らかの取り決めがあったと噂されている。

 

今回の千葉大学の逮捕された
加害者の氏名が報道されないのも、
加害者側の親と何らかの繋がりがあるのだろうか?

 

今はただ続報のみを待つばかりだ。

 

しかし、加害者たちは20代の男子学生と報道されている為に、
いずれ実名や顔写真や画像は公になることだろう。

 

現在は千葉大学の医学部は調査委員会を設置し、
事件の背景の洗い出しを行いだしているという。

 

有名大学の学生による不祥事は、後を絶たない。

 

やはりこれも慶応ミスコン事件の余波が
続いている一つの表れなのであろうか?

 

被害女性の詳細

千葉大学医学生3人に暴行された被害女性の情報も、
現在はどの様な人物なのかは分かっていない。

 

同じ千葉大学の女子大生なのか、
一般女性なのかも定かではなく、
何故、男子学生についていったのかの情報も公にはなっていない。

 

現段階での予想では、
やはり同大学の女学生であると思われるのだが・・・。

 

被害者の女性が泥酔させられた店の詳細も何も分かっていない状態だが、
店内で集団で暴行されたとなると、カラオケボックスなどの
密室な空間がある店舗なのではないだろうか?

 

被害にあった女性は、暴行を受けた後に
千葉県警に相談しており、県警が密かに捜査をすすめていたようで、
2か月に満たない期間で容疑者を特定し逮捕したということだった。

 

まとめ

東京大学、慶応大学、そして最近では近畿大学の学生による事件、
そして今回は千葉大学の学生による女性を食い物にする事件。

 

ある共通しているパターンが、
酒を使って女性を泥酔させての犯行ということだ。

 

慶応ミスコン事件では被害女性に
テキーラをあおり、泥酔させて行為に及ぶ。

 

近畿大学の学生らも、やはり女性に
酒を飲ませては泥酔させて、事に及んだ。

 

そして、今回の千葉大学医学生3人も、
女性に酒を飲ませて泥酔させたところを狙った犯行手口だ。

 

酒を巧みにつかった犯行というのは、
以前からもあるのだが、特に学生による犯行によく使われる手口なのだ。

 

関連記事

↳ 千葉大学医学部学生による集団暴行事件のコンテンツ郡

 

Sponsored Link