ボストンマラソン爆破事件は
テロと認定されている忌まわしいアメリカの事件だ。

 

しかし、この事件が起きてから、
すぐにあるやらせ疑惑が浮上し、
未だに一部では物議を醸しだしている。

 

なぜ、ボストンマラソンテロが
やらせなのかの詳細と
供にある仮説を紐解いてみることにする。

 

Sponsored Link

ボストンマラソンテロとは?

ボストンマラソン爆破事件は
アルカイダ系のテロ組織に所属する
若者二人の犯行として、テロ認定された事件だ。

 

衆人監視の中、ボストンマラソン開催中に起きた
爆破騒ぎは、会場を騒然とさせて、
それは並みいるテレビカメラの前に起きて、全世界に配信された。

 

しかし、アメリカのこうした大事件の裏には、
常套手段とも言える自作自演があるのでは?と、いう疑いは、
テロ発生直後からすぐに噂として飛び交っていた。

 

ボストンマラソンテロはアメリカのやらせ? なぜ?

2001年9月11日に起きた歴史的事件・世界貿易センター同時テロを、
実はありもしないテロ組織・アルカイダの仕業にして、
それを切欠に中東へ戦争を仕掛けるという
陰謀論がまことしやかに流れている。

 

それから12年後、アメリカはやはり戦争の切欠となる
大きな事件を自作自演する必要に迫られていたという。

 

その結果、ボストンマラソンという平和の祭典の中で、
悲劇を起こすことで世論を戦争に傾けようとしていたという仮説がある。

 

アメリカという国は軍需産業で成り立っている国である。

 

戦争が無くなれば、自ずと経済状態は悪化し、
国家財政が維持できなくなるという側面を抱えている国なのだ。

 

ボストンマラソンテロのやらせを指揮っていたのは・・・

これほどの大掛かりなやらせを
本当に起きているかの様に、大衆に信じ込ませる為には専門的な経験があり、
指揮する人間が必要だ。

 

本来ならば爆破は演出であり、
負傷者や犠牲者などはいないのだが、
多くの犠牲者を出したということにしなければならない

 

しかし、一般民衆にボストンマラソンの爆破事件が
米国の自作自演であると、バレるわけにはいかない。

 

演出や大勢の人間を指揮出来る適任として、
白羽の矢が立ったのは、何を隠そうあの
スティーブン・スピルバーグだったのだ。

 

ボストンマラソンテロがやらせと考察する動画

ボストンマラソン爆破事件テロを、
完全にやらせであると検証し、物議を醸しだした一つのビデオがある。

 

YouTube内で是非、【アメノウズメ ボストンマラソン】で検索をかけて欲しい。

 

そこにはボストンマラソンテロにおける
アメリカの報道機関の矛盾と、驚くべき真実を検証している。

 

しかし、それを信じるか信じないかは、視聴者の判断に委ねられるが・・・。

 

関連記事

↳ 【ボストンマラソン】爆破事件のエイドリアンの義足の秘密!【テロ】

 

Sponsored Link