ASKAが再逮捕され、不起訴により釈放されたことで、
以前の彼女(愛人)であり、逮捕された栩内香澄美に
再度、注目が集まっている。

 

現在はASKAとは、既に関係ない
栩内香澄美ではあるが、なにやら復縁するという噂もあったりするのだ。

 

ASKAの元彼女といってもいい
愛人である共犯者・栩内香澄美について触れてみよう。

 

Sponsored Link

栩内香澄美について

ASKAの元彼女であり
愛人関係にあった栩内香澄美は1977年生まれ。

 

現在は39歳であり、
出身地は青森県南津軽郡藤崎町である。

 

青森県・藤崎町には高校生の頃まで住んでおり、
近所の人間からは綺麗な子で目立っていたという証言が確認されている。

 

また、高校生の時に母親を病気で亡くしている。

 

栩内香澄美の経歴

上京後は大手町にある、
カウンセリングサービスを生業とする会社に入社。

 

それを経て、内幸町にある人材派遣会社・パソナグループに出向し、
人事部に籍をおいていたが、同社の代表・南部靖之に見出されて、
接待役を任されるようになったという。

 

南部靖之とASKAは以前から親交があり、
これが切欠で栩内香澄美とASKAは知り合ったことが判明。

 

が、他にも逸話があり真偽のほどは定かでは無いが、
芸能人が利用するクラブがあるそうで、
栩内香澄美はそこに所属していたという噂もある。

 

その後は人脈などを活かして、
ビューティーサロンを共同経営するなどをして、
美容関係の世界にも身を投じていった。

 

ASKAと栩内香澄美の関係

情報を整理してみると、ASKAと知り合って
愛人関係になったのは2004年頃からだと思われる。

 

栩内香澄美は当時は27歳であり、ASKAは46歳。

 

2014年に逮捕されるまで、
ASKAと栩内香澄美は約10年間に及ぶ
愛人関係生活をしていたことが分かっている。

 

栩内香澄美は当時、OLでありながら
港区南青山のワンルームマンションに一人暮らししていた。

 

家賃は約15万円ほどであり、
そのマンションにASKAが通い詰めていたことも判明している。

 

2014年に同室で覚せい剤をASKAと供に使用していたかどで逮捕。

 

長い裁判の中で、ASKAへの愛情を認めるものの、
お互いに罪をなするつけあう様な様相を呈していた。

 

自分はASKAに影響されて
使用してしまったという供述をした為に、
交際関係はそこで終わったかに見えたが・・・。

 

ASKAと栩内香澄美の現在と復縁について

ASKAに再び逮捕騒動が流れた頃、
実はASKAの近辺には嫁とは違う
別の女性の目撃情報が相次いでいたという。

 

ASKAが宿泊に利用していたホテルや
ホテル近辺のレンタルビデオやなどに、同行していた女性の影。

 

これがもしも栩内香澄美であったとしたら、
復縁しているということになるわけだが、果たして・・・。

 

現在のASKAは不起訴になり釈放されていることから、
無罪であるということであり、プライベートにはあまり注目されていない。

 

が、ASKAのその一風変わった私生活模様に、
再度、栩内香澄美と復縁しているという事柄があるとすれば、
これは再び波乱が起きる可能性もある。

 

Sponsored Link