浅田真央の母は既に他界しているが、
どの様な人物だったのかに注目が集まっている。

 

その死因は肝硬変と発表されているが、
それは職業に関係していたという逸話もある。

 

噂されている
浅田真央の母親について触れてみよう。

 

Sponsored Link

浅田真央の母親について

浅田真央の母親は名前を浅田匡子と言い、
父親と違って多くのメディアにその姿は撮られている。

 

幼いころから浅田真央にスケートをさせていたということもあり、
父親と供に経済的にかなり無理していたと言われている。

 

そんな浅田真央の母親・匡子の
死因は数多くの情報があるのだが・・・。

 

浅田真央の母親の死因とは?

2011年に亡くなった母の
死因は肝硬変と言われている。

 

肝硬変といえば、臓器内に障害が起きたことにより、
肝細胞が減少と死滅を繰り返した結果、
肝臓が固くなり機能が著しく低下。

 

肝機能が低下すると、
体内のアンモニアの分泌が異常なものになり、
脳にも著しい損傷を起こす。

 

また激痛に襲われることになり、
幻覚や幻聴、そして痴呆症のような症状も引き起こし、
最終的には肝臓移植しか助かる道はなくなる重病なのだ。

 

浅田真央の母が亡くなった後に
某メディアが明かした逸話によると、姉の浅田舞が肝臓移植に合意を示していたが、
母の匡子がこれを拒否したという。

 

娘のこれからを考えた上で、
自ら死を選択したのだろうか・・・涙無しには語れない物語だ。

 

ところが死因について新たに浮上している噂がある。

 

浅田真央の母の死因と職業の関係とは?

浅田真央の母親の死因について、
他にネット上で囁かれていることがある。

 

その死因はエイズであるという説もあるが、
確かにエイズに感染した患者の主な死亡原因は
肝硬変によるものというデータもある。

 

だが、もしも、母がエイズであれば
父親も姉の浅田舞、そして浅田真央も
現在の活躍は無かっただろう。

 

その職業は水商売であったことは間違いないようである。

 

幼い頃から浅田真央と姉の浅田舞にスケートさせていたことから、
その資金繰りとしてソープランドで働いていたという噂もあったようだ。

 

だが、実際にはホステスであったようであり、
働いていた時に仕事で飲んでいたアルコールが原因で、
死因の肝硬変に繋がったと囁かれている。

 

おわりに

浅田真央の母の死因は肝硬変であるということは、
ほぼ間違いない様であり、エイズなどというデマも多い。

 

また職業に関しても父親も水商売を経営していたことから、
母の匡子もホステスであったということは合点がいくので、
これも間違いないと思われる。

 

幼いころから姉妹二人にスケートをやらせていたことから、
実際、浅田家は非常に生活に困窮した時期もあったようだ。

 

もしも、母が風俗店で働いていたのならば、
困窮するということも無かったであろうし、
父がまずそれを許さなかったろう。

 

よって、これらの噂もデマ以外の何物でもないと思うのだが。

 

Sponsored Link