青山和子は大ヒット曲である【愛と死をみつめて】の
歌い手であり、現在も演歌歌手として活躍中。

 

そんな青山和子の夫も元歌手であり、結婚はかなりの晩婚であったという。

 

今回は青山和子の夫と、過去の驚きのエピソードを紐解いていこう。

 

Sponsored Link

青山和子について


【名前】 青山和子(あおやまかずこ)

【本名】 榊原貴代子(さかきばらきよこ)

【生年月日】 1946年5月4日

【星座】 おうし座

【年齢】 71歳

【出身地】 京都府京都市

【血液型】 B型

【所属】 青山和子ミュージックカンパニー

【デビュー】 1960年

 

青山和子は元々は本名の榊原貴代子で活動していた。

 

1958年の第9回コロムビア全国歌謡コンクールに優勝し、2年後に本名でデビュー。

 

1964年に【愛と死をみつめて】は
70万枚以上のレコードヒットを記録しており、現在も尚、名曲として知られている。

 

このヒットで紅白歌合戦に出場し、
同年の第6回日本レコード大賞も受賞。

 

1980年から1997年辺りまで、表立って活動は
していなかったものの、近年は再び歌手業を活動している。

 

青山和子の今は夫と供にパブを経営

青山和子は2009年に熟年結婚をしている。

 

夫はムード歌謡グループ【敏いとうとハッピー&ブルー】の
2代目ボーカルを勤めた元歌手の神戸たかし。

 

青山和子は当時63歳の初婚であり、
夫の神戸たかしは55歳の再婚ということで、注目を集めた。

 

今は歌手活動と供に東京・池袋駅北口のビルで
パブを供に経営しているのだそうだ。

 

2010年6月1日から開店しており、夫の神戸たかしが
マスターをしているそうだが、青山和子も歌手業がOFFの時は店に出ているという。

 

初婚でしかも熟年結婚ということで、少々、普通とはいささか違う形ではあるが、
最後まで添い遂げるという意志がそこに見える気がしてならない。

 

青山和子の知られざるエピソード

青山和子は日本コロムビア主催の
コンクールで優勝したことから、以降、コロムビアに所属。

 

現在は事務所は違うものの、業務提携をしている形であるようだ。

 

そんなコロムビア時代の先輩には、
あの大御所歌手である島倉千代子がいた。

 

かつて、島倉千代子が喉をやられてステージで歌うことがきついときは、
隠れて青山和子が影武者として歌っていたということがあったそうだ。

 

歌い方も声色も違う状態で影武者をしていたということは、
必然的に青山和子が島倉千代子のものまねをしていたということになるわけだ。

 

それもファンに気づかれない様にしていたということは、
そういった才能も実はあったということに他ならない。

 

おわりに

青山和子の今と夫に関することをメインに紐解いてみたが、
70歳を超えても尚、妖艶な美貌を醸し出しているのはさすがである。

 

夫の神戸たかしと供に池袋でパブをしていることも分かったが、
落ち着いた雰囲気の芸能人御用達の店であるのだそうだ。

 

現在も引退することなく活動している
今後の動向にも非常に注目したいところだ。

 

Sponsored Link