夏の終わりも近づいてきたと感じる時に訪れる祝日・敬老の日

 

おじいちゃんやおばあちゃんの日でもあり、非常に心が温まる祝日となる方は多いと思います。

 

ですが、何故、毎年、敬老の日は日取りが違うのでしょうか?

 

あなたのおじいちゃんやおばあちゃんの年齢が何歳からが敬老の日にお祝いされるべきなのでしょうか?

 

Sponsored Link

今年(2016年)の敬老の日はいつなのか?

9月のカレンダー 敬老の日
2016年9月のカレンダー(画像をクリックすると拡大されます)

今年の敬老の日は9月19日で、第三週目の月曜日にあたります。

 

以前は9月15日が敬老の日・祝日として定められていましたよね。

 

元々は敬老の日に限らずに他、いくつかの祝日は日付が固定されていました。

 

ですが、ハッピーマンデー制度という法律が施行されたのを機に複数の祝日が移動と相成ったのです。

 

ハッピーマンデー制度とは何か?

我々、国民の間で週休二日制というものが浸透した切欠があります。

(企業や学校など)

 

日本国が国民の祝日を土曜日と日曜日の次にくる月曜日に合わせて3連休にするという目的ではじまりました。

 

この制度は1998年からあり、実際に祝日の移動が行われたのは2000年から。

 

1月の成人の日と10月の体育の日が最初に行われました。

 

敬老の日は2003年からの施行となり、従来の祝日の日取りの9月15日から9月第三週目と移動になったのです。

 

この制度の影響から生まれたのが秋のシルバーウィークという大型連休期間というわけです。

 

敬老の日でお祝いされる年齢は?

敬老の日

 

おじいちゃんとなった人、おばあちゃんとなった人がお祝いされるべき日ということなので、実際には年齢は関係ない様に思われます。

 

40歳代で既に孫がおられる方もいらっしゃいますからね。

 

ですが、敬老の日として、その様な方をお祝いしようとすると失礼にあたることもあります。

 

敬老の日にお祝いされるのは還暦(満60歳)から?

 

昔は定年退職として60歳を過ぎたら会社勤めを引退して、残る余生を送るというのが一般的でした。

 

つまり人生の区切りのつく年齢であると言えるでしょう。

 

そこからが老人というイメージがあります。

 

現在の社会では60歳はまだまだ現役で定年退職できる年齢ではありません。

 

仕事をこなしている方で還暦を過ぎているからといって敬老の日にお祝いというのも、人によっては嫌だと感じる人もいるでしょうね。

 

自治会からのお知らせが届いたら?

 

各市町村の中には自治会から【敬老会】の入会のお知らせが届くことがあります。

 

この【敬老会】の入会資格は地域によって、まちまちなのですが、大多数は65歳から70歳の間であるのが一般的です。

 

この入会のお知らせがポストに投函されていたならば、敬老の日でお祝いされるおじいちゃん、おばあちゃんとなったと自覚する時なのかも知れません。

 

年金を受給されたら敬老の人となる?

 

ある人は『年金が受給される様になったら老人の証拠。』と言う声もあります。

 

年金支給年齢は大体、60歳から65歳の間であり、年金受給は年老いた高齢者の手当てというイメージがあるので、確かにこれは納得いくものである論理かも知れません。

 

敬老の日にお祝いされる人間のまとめ

 

以前ならば60歳(還暦)を過ぎたら老人という扱いになり、人間として一区切りがついたと自他供に認めていた風潮があります。

 

ですが、現在は全く事情が異なり、逆にお祝いをしたら叱られるといったパターンもある位ですよね。

 

つまり敬老の日にお祝いされる人というのに、決まり事なんかは無く、おじいちゃんとなった男性やおばあちゃんとなった女性に感謝を伝える日であるということでしょう。

 

それプラス、日本は儒教の精神が未だに強く残ります。

 

年長者を敬うという伝統にのっとれば、例え孫がいなかったにせよ、お祝いをされる資格は十二分にあると考えていいでしょう。

 

関連記事

↳ 2016の敬老の日におススメのプレゼントを一挙、公開!

↳ 敬老の日とは? 由来には驚くべき歴史と真実があった!

Sponsored Link